Obsidian Mountain//つぶやき ささやき おたけび
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/12/24 (Sun) ナイロン100℃ 「ナイス・エイジ」

演劇マスターともみさんのオススメでナイロン100℃「ナイス・エイジ」を見てきました!


2ヶ月振りにお友達とのお出かけ&数年ぶりの観劇とあって、スキップになりそな足取りで世田谷パブリックシアターへ。凝ったキレイなハコでした~。映画ばっかり見てるのでつい2時間くらいの作品かと思ってたら、インターバルも含めて公演時間は3時間半!
日ごろ頻尿の女王の名を馳せているオイラとしましては、尿道を引き締めるべく気合を入れましたよ。でも目の前で実際に役者さんたちが芝居をしているという、迫力のおかげか全然大丈夫だった・・・・ホッ(*´ω`*)
作品については何も知らない方がいいか~と思い、全く下調べしてなかったのですが、前日に劇場のHPで紹介文を読んだら
「人気劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ率いるナイロン100℃が、
2000年に初演された“タイムスリップ・コメディー”を再演。
かつての裕福さを失った廻一家が移り住んだアパートには、湯加減で行き先の決まるタイムマシンがあり……」


さっそくマイ琴線がアルペジオを奏ではじめましたYO。

「湯加減で行き先の決まるタイムマシン」、て・・・。
ええもう私この手のナンセンスが大好物。銀河ヒッチハイクガイドで大笑いする人間だもん!で、予想通り幕開きからホントに笑いっぱなし。でもボディアクションや単語のセリフで取る原始的な笑いではなくて、文章、それも耳から入り脳に届いた瞬間に絶頂に至る種類の笑いでした。こういうの好きだ~。観客は同じところで一斉に笑いもするし、それぞれのツボでも好きなように笑うって感じだったな。私も周りが笑ってないのに一人で爆笑してしまうとこがあった(笑)涙も一回。

20061224_2.jpg


個人的な好みですけど、私はいかにもなイイ話とか感動話は苦手でございます。
でもTVも大作映画も世の中のメジャーはみんなそれだもんね。必ずハッピーエンドに持って行こうとする脅迫的なストーリーで、登場人物がやたら絶叫しがちっつーか~・・・(-ω-;)
出演者全員が真剣になって頑張ったり泣いたり愛し合ったりしてると、どーも見てて鼻が曲がりそう~になっちゃうんだなオイラ。盛り上がりを台無しにするような茶化しや横ヤリが入ると、そこでホッとしてようやく話や登場人物が身近に感じられる、という。
まあこういう私がゆっくり楽しめた、というナイロン100℃の公演でした(も、もちろんそうじゃない方も充分楽しめると思うけど!)念の為申し上げておくと全然ヒネくれた話では無かったですよ。素直でステキなお話でした。私としては、もっとヒネてて暗くて愛がない話で笑わせて欲しいくらいです~。
ともかく楽しい機会を持たせてくれたともみさんに感謝!次は是非ご一緒に!
いつも好きな事ばっか喋らせて下さるnackoさん&うさ課長、楽しかったです!ありがとうございます&毎度スミマセン。

スポンサーサイト

・・・・・ | trackback(1) | comment(4) |


<<おモチは常備食 | TOP | 去るもの追いたい>>

comment











管理人のみ閲覧OK


た・わ・し・ですよ~

こんばんワコール!
その節はお世話様でした。
年越しちゃったのに今更ジローですが、感想書きましたのでTBさせていただきますよ。


ちなみに「耳から入り脳に届いた瞬間に絶頂に至る種類の笑い」ってどこ?わかるような気もするんだけど、具体的に思い出せない。
泣いたのは?私はお姉ちゃんを必死で止める妹に思わず涙しちゃた。
正月の「西遊記」再放送で、大倉さんがでまじめな顔で仙人役やってて、吹きそうになった。

「銀河ヒッチハイクガイド」も見てみたいなぁ~。まるで笑えなかった、って人もいるので試してみたい。

2007/01/07 00:05 | nacko [ 編集 ]


田鷲警部っ?!(; ゚ ロ゚)なんちてなー

ワコールは高いワコール!
・・・ダジャレ友の会有志、nackoさん。最近ハイブロウ過ぎます(笑)

楽しかったですね、ナイロン100怒しー!お茶の間気分で笑い転げました。
「耳から入り脳に届いた瞬間に絶頂に至る種類の笑い」ってのは、笑いのタイプとして全体がそうだったな~と。眼で見るギャグではなくて、セリフ重視の耳で聞くユーモアが良かったと思いました。TVでもこういうのが多ければいいのにな。
泣いたのは同じく姉妹のシーンです。ちょっとやりすぎだよ、と思いつつポロっとしちゃった(ノε`) 「漂流教室」のお母さんとか「ドラえもん」ののび太のおばあちゃんとか、女性キャラがときどき非論理的な真実に気づくシーンって妙にグッと来るんですよねー。女って男と違って理屈を超えた境地にアクセスするのが得意じゃないですか。


「銀河ヒッチハイクガイド」、私は大好きです(*´ω`*)DVD買いました。
ハリウッド好きの方々にはむちゃくちゃ評判悪いですけどね。
「ライフ・アクアティック」も同系統でよろしいですYO~。

2007/01/10 23:35 | coyote [ 編集 ]


お久しぶりです

どうもう!お久しぶりです。
久々すぎて、タイトルにオモシロ要素入れるどこじゃないくらいです。
すんまそん。
どの記事に挨拶入れようかなーと悩んだ結果、nackoさんとこと同様、「ナイス・エイジ」にしちゃいました。
思った以上にナイロンの芝居を気に入ってくれて、感謝感激雨嵐!…あれ?
ちなみにオイラの泣きポイントは、母と未来の孫のシーンです。
幸薄い幼少時代を送った未来の孫に、「旗振るから!」と言い張る母(いや祖母か)。
借金取りに追われてるっつってるのに、何かを取り戻そうと言わんばかりの旗振っちゃう宣言。そんなとこが好きです。
ふだんのナイロンではあまりウェットなシーンは少ないんですが、この芝居は割と多めだったかな。
次回は新作でもKERAさんのホンでもないですが、よかったらまた行きましょう。
そりでは、また今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

2007/01/28 02:40 | ともみ [ 編集 ]


嵐(笑)

やあやあ、お帰り~ともみさん!
さみしかったナリ。心配するなと言われても心配しちゃいました・・・。
心配は愛なのだ(`ω´)!

ナイロンのお芝居は本当に面白かったです。
観劇後は「ともみさんの解説が聞きた~い」と言いながらお酒飲んでました。
の、割に電話が鳴っても気づかずすんまそん(´ω`;)

>ふだんのナイロンではあまりウェットなシーンは少ないんですが
それなら余計私の好みかも。普段、映画以上の娯楽はまずやらない万年金欠の私ですが、またお誘い下され。
ブログ再開もめでたい!またともみさんの文章が読めると思うと楽しみ~v-82

2007/01/28 23:10 | coyote [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://coyote999.blog56.fc2.com/tb.php/82-613bef7b

「ナイス・エイジ」
世田谷パブリックシアター「LustForLife」のともみさんお勧めの、ナイロン100℃の公演「ナイス・エイジ」を見て来ました。ともみさんは別の日に行かれたので、「ObsidianMountain」のcoyoteさん、うさ課長と一緒です。普段、演劇までは手が回らないのですが、他の方からも.. //Go!Go!ゴーヂャスDiary 2007/01/06 23:52

| TOP |

profile

 coyote

Author: coyote
棲息地東京。雌。
コンクリートジャングルで巣ごもりしつつ映画とサッカーに耽っているうちに完全に野生を失いました。
欲しい物はマイ・プールとミニ焼却炉。

comment

category


にっさんlink

このブログをリンクに追加する

trackback

archive

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。