Obsidian Mountain//つぶやき ささやき おたけび
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/03/04 (Sun) パフューム




今日は久々に映画の話ですー!最近サッカーの話ばっかでスミマセン(-ω-;)
昨日公開されたばかりのパフュームを観てきました
単館で来るのかと思ってましたが、ロードショーだったんだね~。
香り、というか「匂い」は数年前から私の生活ではトピックとなってまして、最近も悪臭・芳香を問わず匂いについて沢山の人と話したり、一人でもあれこれと考えたりしていて、この映画を観るにはうってつけの状態でありました。
で、もう結論から言ってしまうと大変けっこうな映画でしたね(^ω^)!

20070304_2.jpg


のっけから悪臭ふんぷんのパリの情景。
ああ、これこそ私のイメージするパリですよ・・・!!実写で見れて嬉しい (。´Д⊂)
日本でもこういう雰囲気で平安時代の映画が作れたら最高なんですけどねえ。
原作は未読です。いつものように予告も見ないようにしておきました。(さっき予告編を初めて観ましたが、やっぱ見なくて良かった~。案の定、見せすぎですから!)
ストーリーについて感想を書く前に一応プログラムを読んでおくか、と思って目を通したら、評論家の滝本誠さんが文才の無い私に代わって書いてくれたのか?とも思える素っ晴らしく共感する名文を書いておられたので、もう何も書くことないや(←すげえ逃げね( ゚皿゚)
少女への恋着、異常性愛、グロテスクと美の非分離性、などをテーマに書いたら第一人者ですね、この方は!

全体の感想としてはいや~ヨーロッパ人ってやっぱいいなあ!に尽きます。
ハリウッドの大作といえば、制作費を回収すべく観客の的を絞らずに妙に説明的でやたら共感をあおったり、現実と虚構の区別がつかないアホな子供の為に勧善懲悪がベースにせざるを得なかったり、かと思えば唯一の刺激剤とばかりに暴力描写のオンパレード。あげく、無理やり教訓を引き出そうと必死のあまり陳腐なラストシーンでおしまい。
もはや「行間を読む」といった機微はどこへやらという感がありますが、ドイツ映画界史上最高の制作費をかけて、こんなインモラルな、お子様などは無視した完全完璧大人の世界をベルリン・フィルまで引っ張り出して作ってくれるんだもんなあ!!ドイツ映画界はあまり倫理について厳格ではないようなので、出来たのかもしれませんが。
とにかくアメリカや日本の文化は子供たちに媚びすぎなんですよ。というか大人が幼稚だから大人の話を作れないのかな?

クライマックスの処刑場のシーン、これとそっくりの場面を見たことある・・・・。
あっ、本宮ひろしの破天荒仏教漫画「雲にのる!」だ!
20070304_3.gif

極楽と地獄の場面が出てくるんですが、地獄は私たちのイメージにある通りの世界で、極楽はというと、見渡す限り愛欲の行為に耽る男女で埋め尽くされているという、あの処刑場と全く同じ世界で描写されてました。
やっぱラブ&ピース=セックス&ドラッグで正しかったのか・・・・・(゚皿゚*)!!

思い出した歌一首。
「春の夜の 闇(やみ)はあやなし 梅の花 色こそ見えね 香やは隠るる」
ちなみに今年ほど春の到来が嬉しくない年もない。異常な暖冬でした。

スポンサーサイト

Cinema | trackback(1) | comment(0) |


<<気になったらクンクンしてみよう | TOP | ((((*゜Д゜*)))ぶ・・・ぶんだばー!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://coyote999.blog56.fc2.com/tb.php/97-98986615

『パフューム ある人殺しの物語』
製作年度:2006年上映時間:147分監督:トム・ティクヴァ出演:ベン・ウィショー 、ダスティン・ホフマン 、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 、アンドレス・エレーラ 、サイモン・チャンドラーオススメ度:★★★★★ストーリー:18世紀のパリ。悪臭立ちこ //M[エム] 2007/03/05 23:25

| TOP |

profile

 coyote

Author: coyote
棲息地東京。雌。
コンクリートジャングルで巣ごもりしつつ映画とサッカーに耽っているうちに完全に野生を失いました。
欲しい物はマイ・プールとミニ焼却炉。

comment

category


にっさんlink

このブログをリンクに追加する

trackback

archive

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。